ひらブログ

シャイで口下手な岐阜県各務原市の指圧師が好きな事、仕事の事、日常感じた事を綴っていきます。

シャイで口下手な指圧師なりの個性の出し方|アウター編

皆さーん、ごきげんよう

にんじんとキムチ、航空産業の町。各務原市で指圧師をしているシャイで口下手な

平岩(ヒラ)です。

以前ブログの冒頭で購入を迷って止めたアウターを覚えていますでしょうか。

 

↓問題のブログはこちら↓


【リフレクソロジー】未病のうちに対処して元気を保とう - ひらブログ

 

あれなんですけどね、やっぱり作る事にしました!気持ち変わるのはやっ(笑)それでね早速Amazonで素材を購入したんです。ブラックとネイビーで迷っている所彗星のごとく現れたバーガンディに一目惚れ。


f:id:hira2shiatsu:20181107134841j:image

一眼レフカメラで自撮り。

なかなか大人っぽくって良さげじゃないですかー?ブラックとネイビーはありきたりな色だったし自分の持っている服とも結構かぶるんですよね。休日は決まってジーンズなのでネイビーだったら一色になっちゃうし、キャップもネイビーだし(笑)もっと主張したいじゃないですか、口下手としては主張がほしい。

 

ボクの購入したのはコーチジャケットといって

もともとはアメフトのコーチとかが着ていた事からこの名前が付いた。1980〜1990年代に流行って、薄手のナイロン素材で前はチャックではなくスナップボタン。袖が絞られていて裾にはドローコードと呼ばれる紐で絞れるようになっているのが特徴。


f:id:hira2shiatsu:20181107135515j:image

ストリートで流行ったスケートスタイルが近年再ブレイクでコーチジャケットも当時の懐かしいモノから、デニム素材や冬仕様の中綿やボアが付いたものまで売られています。

 

とにかく気軽に羽織れる、春や秋に特に活躍しそうなヤツ。ナイロンという特性もあってか撥水もあってめちゃめちゃ使い勝手いい。

 

そこは指圧をカジュアルにして敷居を低くしたいシャイなボクにとっては無地のままにしてはおけません。お得意のシルクスクリーンプリントでやっちゃおうというわけです。


f:id:hira2shiatsu:20181107140022j:image

これが元のデザインで…

 

 


f:id:hira2shiatsu:20181107140050j:image

完成予定はこんな感じ。シルクスクリーンの型はもう作ってあるので、Tシャツとは違ってナイロンはインクが乗りにくいので特注でインクを作ってもらえばすぐ出来てしまうわけです。

 

ユニフォームといい、Tシャツといい、コーチジャケットといい。考えてるだけでも楽しいけど、作っていくとどんどん違うものにも代用出来ないかそんな発想が出てきます。

 

シャイなボクですがお洒落な服着て仕事したいじゃないですか。口下手な指圧師ですが、その分技術だけにとどまらず個性を出して、なりたい職業になるようにも頑張っていきたい。そんな思いです。では今日は以上で〜す!

 

完成をお楽しみに!!